【前歯が灰色に変色】なぜ?3歳児検診で乳歯の神経壊死が発覚!

子ども関連
スポンサーリンク

こんにちは。かよこ(@kayoko_chima)です。

先日、次女の3歳児検診があり、歯科検診を受けた際に、乳歯の神経が壊死してることが発覚しました。

正直、ショックでした。

歯が変色していたのには気づいてたのですが、ずっと着色汚れだと思っていたからです。

でも、先生にしてみればよくあることらしく、先生のアドバイスで治療することにしました。

スポンサーリンク

乳歯が壊死した経緯

次女が2歳の時に、家の中でおもちゃにつまづいて、和室の敷居に顔面を強打。

歯茎から血が流れ、次女は大泣き。血はすぐ止まりましたが、歯茎は内出血してしまい、一部が赤紫に変色しました。

その後も心配で様子を見ていましたが、痛がる様子はなかったので、病院や歯医者には行かず半年以上も放置してしまいました。

3歳児検診で、歯科の先生から「前歯を強打したのに心当たりありませんか?」と聞かれましたが、その時は公園ですべり台から転倒したことを話しました。

後日、上記の家の中での決定的な原因を思い出したのでした。

前歯が灰色になるのはなぜ?原因を解説

歯を強打すると、脱臼するんだそうです。

脱臼した歯はすぐに固まり、グラグラすることもなくくっつきましたが、脱臼した時に中の神経がちぎれて壊死しまったとのことでした。

図にするとこんな感じです。

歯茎は打撲で赤くなりましたが、歯茎がだんだん治るのと同時に、歯は日に日にグレーに変色していきました。

壊死した乳歯の治療方法は?

「まさか歯を抜くのかな!?」と思ってしまい、慌てました。

3歳児検診で担当してくれた歯科医に質問攻めにしてしまいましたー

治療方法は、歯の裏に穴を開けて神経除去の掃除をします。

そうです。大人とまったく同じ治療方法です。

神経が壊死してる場合は、痛みを感じないので麻酔はしません。

次女も麻酔をしませんでした。

治療しなかったらどうなるの?

治療せずにそのまま放置すると、壊死した神経の先が炎症を起こして、つまり膿んでしまい、歯茎が腫れるんだそうです。

運よく腫れなくても、永久歯がなかなか生えてこなかったり、逆にすぐ抜けたり、変な場所からニョキッと永久歯が飛び出てしまうリスクがあるため、早めの治療が望ましいようです。

次女は半年以上もの間、腫れずに済んでラッキーでした。

腫れてからでも遅くはないので、おかしいな?と気づいたら早めに治療に行ってください。

まとめ

次女の場合、幸いにも泣きも怖がりもしない性格なので、じっと座って治療してられましたが、だいたいのお子さんは歯医者を怖がると思います。

怖がって泣いちゃうお子さんは、小児歯科に行くことをおすすめします。

アンパンマンのDVDを見せてくてたり、歯科衛生士さんがめちゃくちゃ褒めてくれたりして優しいですよ!

歯を強打して出血した時や、歯が変色してるな?と気づいたらすぐに歯科を受診してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました